レーシック手術 カウンセリング 東京 シワ・たるみの予防・対策サプリメントその3 顔のたるみ、ほうれい線解消研究白書

シワ・たるみの予防・対策サプリメントその3 顔のたるみ、ほうれい線解消研究白書

2009年07月31日

シワ・たるみの予防・対策サプリメントその3

お肌のハリの源、コラーゲン

皮膚には大きくわけると主に二層の構造をしていて、
皮膚表面の表皮と、肌を支える真皮とがあります。

皮膚の状態.jpg

真皮は、その大半をコラーゲンが占めており、
水分を保ちながら、肌のハリと弾力を保つのです。

ですので、加齢や紫外線、血行不良などで、
肌にあるコラーゲンを作る細胞(線維芽細胞)の働きが落ちてしまうと、
当然、コラーゲンの作られる量が少なくなり、
そればかりではなく、コラーゲンの質も低下し、

肌を支える力が弱くなる→シワ・たるみの原因に!

・・・と、なってしまうわけです。

では、シワ・たるみを効率よく予防・解消するには
どうしたらいいのでしょうか?


「表情筋を鍛える」

表情筋を鍛えることにより、顔の肉を筋肉で支えるという直接的な
たるみ対策になるだけでなく、
顔の血行不良が改善され、コラーゲンの生産工場である、
線維芽細胞が、よく働くようになります。
しいては、良質のコラーゲンを自前で生産できるようになるのです。


「紫外線対策をする」

紫外線がこわいのは、皮膚がんや、シミ・そばかすのためだけではありません!
先にも述べたように、紫外線はシワ・たるみ対策の友軍ともいえる、
コラーゲンの生産工場の働きを悪くしてしまうのです。

冬、曇り、雨の日、家の中でも、紫外線対策をしましょう。
日差しがさしていないときでも、ある種の紫外線は、
しっかりと地上に届いています。

少しでも手軽に紫外線対策をするのなら、
UV対策のBBクリームや、伸びの良い、さらっとしたローションタイプの
日焼け止めを選ぶと、手間を省けます。


「足りない分は食事、サプリメントで補う」

コラーゲン入りの保湿化粧品、否定はしませんが、
個人的に皮膚から、血液の中にまで、
コラーゲンなどの有効成分が、どれだけ浸透するかは疑問です。

内と外、両方のたるみ・シワケアのアプローチが理想でしょうが、
どちらかをとれ、といわれたら、
からだの中からのケアのほうが、長い目で見て、いいと思います。

食品からだと、手羽先やフカヒレ、
もっと手軽にということであれば、サプリメントも今は
いろんなタイプのものが発売されています。




ポイントはビタミンCと一緒に摂る!ということ。
ビタミンCは、コラーゲンの産生を助ける働きがあるので、
相乗効果が期待できます。

そして、もうひとつ、あわせて摂ると効果的なヒアルロン酸についてはこちら
↓↓↓
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124732813.html

スポンサードリンク





クリックしていただると、
管理人の更新するモチベーションがすごい上がります(笑)
よろしければ、ご協力くださいませ♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by miki at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | たるみに効果的サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124693589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。