レーシック手術 カウンセリング 東京 たるみに効果的サプリ 顔のたるみ、ほうれい線解消研究白書

たるみに効果的サプリ 顔のたるみ、ほうれい線解消研究白書

2009年08月01日

シワ・たるみの予防・対策サプリメントその4 ヒアルロン酸

シワ・たるみサプリメントの代表 ヒアルロン酸

最初は1ページで、さらっと流す予定だった
シワ・たるみ予防・対策サプリメントシリーズ。

管理人のお家芸(元ドラッグストア勤務)だったので、
ついつい、いつのまにやら4ページにわたってしまいました(^^;

今までの「シワ・たるみの予防・対策サプリメントその1〜その3」は
こちらから↓↓↓
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124502504.html
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124636018.html
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124693589.html


さて、最後のシワ・たるみの予防・対策サプリメントはヒアルロン酸です。


ヒアルロン酸もコラーゲン同様、
お肌の表面を支える真皮という部分に多く含まれている美肌成分です。

では、コラーゲンとヒアルロン酸の違いはなんでしょうか。

簡単言えば、

コラーゲンは真皮を支える網目状の柱を作り
ヒアルロン酸は、そのコラーゲンの網のなかに水分をキープして
組み込まれているのです。

コラーゲンが不足して、柱部分・土台部分が弱くなっても、
せっかくの水分を含んだヒアルロン酸が流れてしまって、
お肌のハリを保てなくなりますし、

ヒアルロン酸がたりなくなると、
いくらコラーゲンによる骨格がしっかりしていても、
水分を皮膚に保つことができず、
やっぱり、シワ・たるみの原因になってしまうのです。


ヒアルロン酸のパワー

ヒアルロン酸の特徴は、抜群の保水力です。
1gのヒアルロン酸で6000倍の6Lの水を閉じ込めることができるというデータもあり、
真皮の中で水分を閉じ込め、赤ちゃんのようなモチモチぷるぷる肌を作ってくれます。

ですが、加齢により、ヒアルロン酸は減少していってしまいます。

ヒアルロン酸の減少.jpg

ヒアルロン酸もコラーゲンも、
加齢による減少をサプリメントで補うわけです。

サプリメントの中には、吸収があまりよくなかったり、
有効成分のヒアルロン酸やコラーゲンの量が少ないもの、
などがあります。




また、サプリメント・健康食品といえど、
人によっては、からだにあわないこともあるので、
その際は、すぐ中止し、医師等に相談してください。

信頼できるメーカーで、きちんとサポート窓口のあるものを選びましょう。



スポンサードリンク





クリックしていただると、
管理人の更新するモチベーションがすごい上がります(笑)
よろしければ、ご協力くださいませ♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by miki at 10:28| Comment(3) | TrackBack(0) | たるみに効果的サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

シワ・たるみの予防・対策サプリメントその3

お肌のハリの源、コラーゲン

皮膚には大きくわけると主に二層の構造をしていて、
皮膚表面の表皮と、肌を支える真皮とがあります。

皮膚の状態.jpg

真皮は、その大半をコラーゲンが占めており、
水分を保ちながら、肌のハリと弾力を保つのです。

ですので、加齢や紫外線、血行不良などで、
肌にあるコラーゲンを作る細胞(線維芽細胞)の働きが落ちてしまうと、
当然、コラーゲンの作られる量が少なくなり、
そればかりではなく、コラーゲンの質も低下し、

肌を支える力が弱くなる→シワ・たるみの原因に!

・・・と、なってしまうわけです。

では、シワ・たるみを効率よく予防・解消するには
どうしたらいいのでしょうか?


「表情筋を鍛える」

表情筋を鍛えることにより、顔の肉を筋肉で支えるという直接的な
たるみ対策になるだけでなく、
顔の血行不良が改善され、コラーゲンの生産工場である、
線維芽細胞が、よく働くようになります。
しいては、良質のコラーゲンを自前で生産できるようになるのです。


「紫外線対策をする」

紫外線がこわいのは、皮膚がんや、シミ・そばかすのためだけではありません!
先にも述べたように、紫外線はシワ・たるみ対策の友軍ともいえる、
コラーゲンの生産工場の働きを悪くしてしまうのです。

冬、曇り、雨の日、家の中でも、紫外線対策をしましょう。
日差しがさしていないときでも、ある種の紫外線は、
しっかりと地上に届いています。

少しでも手軽に紫外線対策をするのなら、
UV対策のBBクリームや、伸びの良い、さらっとしたローションタイプの
日焼け止めを選ぶと、手間を省けます。


「足りない分は食事、サプリメントで補う」

コラーゲン入りの保湿化粧品、否定はしませんが、
個人的に皮膚から、血液の中にまで、
コラーゲンなどの有効成分が、どれだけ浸透するかは疑問です。

内と外、両方のたるみ・シワケアのアプローチが理想でしょうが、
どちらかをとれ、といわれたら、
からだの中からのケアのほうが、長い目で見て、いいと思います。

食品からだと、手羽先やフカヒレ、
もっと手軽にということであれば、サプリメントも今は
いろんなタイプのものが発売されています。




ポイントはビタミンCと一緒に摂る!ということ。
ビタミンCは、コラーゲンの産生を助ける働きがあるので、
相乗効果が期待できます。

そして、もうひとつ、あわせて摂ると効果的なヒアルロン酸についてはこちら
↓↓↓
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124732813.html

スポンサードリンク





クリックしていただると、
管理人の更新するモチベーションがすごい上がります(笑)
よろしければ、ご協力くださいませ♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by miki at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | たるみに効果的サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

シワ・たるみの予防・対策サプリメントその2

ビタミンCはシワ・たるみの予防・対策にも

ビタミンCは優秀サプリメント成分です。
シミ・そばかす対策として、ビタミンCが効果的なのは
美白化粧品などに、入っていることから、
あなたも知っているかもしれませんね。

が、じつはこのビタミンC、肌のハリとつやに欠かせない、
コラーゲンを作るプロセスに関与
しているのです。

つまり、ビタミンCがたりていないと、
肌のハリのもとであるコラーゲンが作れず、
たるみ・シワの原因に・・・!

また、ビタミンCには、体の抵抗力を高める働きもあるので、
風邪の季節や、疲れているなというとき、
あと、煙草を吸う人は、普通の人より多めに摂るといい
ですよ。

ビタミンCなら、多少多く摂りすぎても、余分な分は
おしっこから排出されますから。

基本の量は守ってくださいね。
(製品パッケージに書いてある量、
 もしくは病院等でもらった場合は医師・薬剤師の指示通り)

ビタミンCとあわせて、
アンチエイジングビタミンともいわれるビタミンEも摂ると
相乗効果が期待できます。

サプリメントでなく、食事で摂りたい場合は、
ホウレンソウ、小松菜、アスパラガス、ブロッコリーなど。
じゃがいものビタミンCは、加熱しても壊れにくいので、
料理しやすいでしょう。

オレンジ.jpg

よくビタミンCが豊富なイメージのある、
みかんやグレープフルーツなどの柑橘類のビタミンCは
加熱すると壊れてしまいやすいので、そのまま生でいただくようにします。


それでは、ハリの元、しわ・たるみ予防・対策サプリメントの大御所、
コラーゲン・ヒアルロン酸についてはコチラから。
↓↓↓
http://tarumihourei.seesaa.net/article/124693589.html

スポンサードリンク





クリックしていただると、
管理人の更新するモチベーションがすごい上がります(笑)
よろしければ、ご協力くださいませ♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by miki at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | たるみに効果的サプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。